【明石市】日本標準時子午線が通る“時のまち”明石で、『時のウィーク 2019』が開催されます。

2019/06/01 08時16分

今年も『時のウィーク』のシーズンがやってきました☆6月3日㈪からはじまり、6月10日㈪が「時の記念日」、メインデーが6月16日㈰となっています。時のウィーク
明石市は、日本標準時子午線が通る“時(とき)のまち”。この“時(とき)”の始まりは671年。当時の天智天皇が水時計を使って初めて時を知らせたのが現代の6月10日に当たるため、明石市では6月10日を『時の記念日』とし、この日を含む1週間を『時のウィーク』として1964年より様々な催しが行われてきました。明石市ではこの『時の記念日』である6月10日を祝日にしようという動きがあります。

時間イメージ『時のウィーク』ではいろんなイベントが予定されています。6月10日㈪の『時の記念日』には子午線通過記念証が市内3ヵ所で配布されます。配布場所は、明石市立天文科学館 9:30~・魚の棚商店街 魚の駅 10:00~・明石公園内 10:00~となっています。また、メインデーの6月16日㈰には明石公園西芝生広場にステージが設けられ、ダンスやショーや岡山城鉄砲隊の演武などがあります。もちろん、明石市のご当地アイドル「YENA☆」のステージもありますよ♪

この機会に“時”を感じてみてはいかがでしょうか。お近くに来られる方はぜひのぞいてみてくださいね♪

 

 

明石公園西芝生広場はコチラ↓

 

 

(yu-mi)

ジモネタ明石市
号外NET他の地域

提供提供求む!

号外net東淀川区の宣伝・求人は号外NET

ページの上へ