【明石市】あの事故から18年。安全・安心を最優先にしたまちづくりをモットーに、市の取り組みがパネルで展示されます。

2019/07/07 07時30分

JR朝霧駅眼下に広がる大蔵海岸を望む朝霧駅は、地元市民の憩いの場所でもあります。JR朝霧駅朝霧駅から大蔵海岸へと続く歩道橋は、海からの潮風がとても心地よく、目の前に広がる景色に癒される絶景スポットです。2001年7月21日、この歩道橋で悲惨な事故が起こってしまったのです。この日は明石市民夏まつりが行われており、大蔵海岸にて花火大会が予定されていました。その会場へと向かう道中に、この歩道橋で事故は起こりました。朝霧歩道橋こちらは、歩道橋を大蔵海岸側から撮った写真です。手前にはご遺族の方々が建てられた慰霊碑が見えます。明石市では、この7月21日を『市民安全の日』としています。これは、2001年に発生した「明石市民夏まつり事故」「大蔵海岸砂浜陥没事故」を教訓に、安全・安心を最優先としたまちづくりをモットーに制定されました。明石市市民安全の日明石市ではこの「市民安全の日(7月21日)」に合わせ、市の安全に関する取り組みを市内2箇所でパネル展示します。①あかし市民図書館研修室では2019年7月12日㈮~18日㈭まで、②市役所本庁舎2階ロビーでは2019年7月19日㈮~26日㈮まで予定されています。(②は選挙の日程により変更になる可能性があります。)
防災に関する意識もそうですが、市民ひとりひとりが安全・安心を心がけることで、より住み良いまちづくりを目指して行きたいですね。

 

JR朝霧駅はコチラ↓

 

(yu-mi)

ジモネタ明石市

提供提供求む!

号外net東淀川区の宣伝・求人は号外NET

今月の運勢

ページの上へ